活動報告・開催情報

インドへ行ってきました!

毎年インドで開催されている
インターナショナル・ヨガフェスティバルに参加してきました。

世界各国から招集された著名な先生方から
様々なスタイルのヨガを学ぶことができ
とてもエキサイティングな7日間でした。

また今回もインドという国から
頭ではなく、皮膚感覚として
いろんなことを学ぶことができました。

今日はそんなインドで感じたこと、帰国後思うことなどについて
レポートさせていただこうと思います。

***

2回目のインド訪問で一番強く感じたこと、
それは「全肯定感」でした。

他のレポートの中でも少し触れましたが、
インドって、ホントに何でもありなんですよね。

道には、牛も猿も人間も、バイクもごちゃまぜだし、
シャワーを浴びていれば、突然水になるし、
カフェでチャイを注文して20分経っても
チャイは出てこないのに、トイレ掃除してるし(笑)
さんざん待たされて、ダライ・ラマが来なくても、誰も怒らない(爆笑)

こんなに何もかもがスムーズに行かないことばかりなのに
でも不思議とみんなイライラしてないように見える。

なんでだろう?って考えみました。

***

リシケシに滞在中、食事はアシュラムで提供されるのですが、
飲料水や日用品などは、近所のよろずやさんのようなお店で購入していました。

ある時、豆乳が飲みたくなり買いに行ったところ、
店員さんが、常温の豆乳を持ってきてくれたんです。

その日はとても熱かったので
「冷たいのある?」って聞いてみました。

そしたら、店員の男性が笑顔でこう答えたんです。

「ない(にっこり)」
「でも、いい考えがある。
冷蔵庫で冷やしておいてあげるから、明日買いにくればいい。
1個冷やす?2個冷やす?(にこにこ)」

「・・・・。そうか、その手があったか!」
思わず膝を打ってしまいました(笑)

そして次の日、別の用事でよろずやの前を通りかかると、
店員の男性が、笑顔で大きく手を振りながら

「おーい、豆乳冷やしてあるよ~」
と、おいで、おいでするのです。

ここまでされたら、もう足を止めて買うしかない。笑

一晩かけて冷やされた、その冷たい豆乳は、とっても美味しかった。(本当に)

その時、思ったんです。

日本だったら、絶対、お店の人謝るよなぁって。

「申し訳ございません。冷たい豆乳は置いてありません」 って言われるか、

もしくは

「めんどくさいこという客だな」 って思われるか。

そのどちらかな気がします。

でね、思ったんです。

彼は自分のことも否定していないし
(豆乳が冷えていないのは彼のせいではない)

私のことも否定しない
(めんどくさい客だな、とも思ってない)

自分のことも、他人のことも、否定していなくて、
その中で、今、自分にできることを尽くしているんですよね。

なんか、いいな、こういうのって。思ったんです。

I am OK and You are OK. All OK!

ともすれば、自分のことを卑下したり、
できない自分を責めてしまいがちな私たちだけど、

自分のことを否定しない。

そして、自分と違う相手のことも否定しない。

今、目の前の現状が、自分の思う通りじゃなかったとしても、
それも丸ごと肯定する。

なんかこれって、
ヨガや瞑想で私たちが目指している感覚そのものじゃないですか。

そして、それを日常に活かすって、こういうことなんじゃないかな~って。

自己肯定とか他者肯定とか、難しく考えなくたって、

シンプルでいい。

全部OKって。

だから最近の私は、
何か思い通りにならないことに出会った時、
あの彼の笑顔を思い出すことにしています。

だってあの豆乳、ホントにすっごく美味しかったんだもん。

***

以上、2018年IYFインドレポート、終わります。

これからも、私の中で、この感覚が深まってゆきますように😌

ライター:ヨガ・瞑想部門代表 金田絵美

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP