活動報告・開催情報

精神科医が教えるマインドフルネスWS開催しました

オリーブメンタルクリニックの院長の松島幸恵先生とのコラボ
「精神科医が教えるマインドフルネス」開催しました。

おかげさまで満員御礼。
炎天下の中、遠方からも、
10名の方が足を運んでくださいました。

講座に夢中になりすぎて、
講座中の写真をとり忘れちゃいましたが、
でも、それくらい私たちには熱い想いがあります!

今回のワークショップ、
私から幸恵先生への熱烈なラブコールで実現しました。

昨今の、少々過熱気味なマインドフルネスブームの中で、
どうやったら、マインドフルネスの本質を
安全に、わかりやすくお伝えできるか?

幸恵先生とディスカッションを重ね、当日を迎えました。

幸恵先生は、優秀な精神科医であるだけでなく、
ご自身も毎日瞑想を実践している
プラクティショナーでもあり、
だから、言葉に説得力があります。

前半の座学は幸恵先生が担当。

脳の構造や、情動の神経回路について学んだり、
また、心理療法の観点からみたマインドフルネスについて
わかりやすく説明してくださり、
私自身も理解が深まりました。

後半の座学は、私(金田絵美)が担当。

食べる瞑想や、ボディスキャンの手法を使いながら、

単なるリラックスの瞑想ではなく
脳のトレーニングであることを理解するために、

「気づく」ってどういうこと?を体験してもらったり、
「集中瞑想」と「観察瞑想」の違いを実感してもらいました。

そして気づけば、予定時間を30分以上も、
大幅にオーバーしてしまいました。
(参加者のみなさま、ごめんなさい!!!)

ご参加くださった皆さまからは

・マインドフルネスって単なる呼吸法だと思っていました。
奥が深くてびっくりしました。

・集中と観察って違うって意味がやっとわかりました。

・瞑想中、いつも雑念がわくと自分を責めていましたが、
気づくことの方が大切なんだと知って安心しました

・今まで瞑想中どうしても考え事ばかりしてしまい、
そんな自分にイライラしていたけれど、
気づくことの方が大切って言われたら、
安心して逆に集中できました。

などなど嬉しいフィードバックを頂きました。

私個人の感想としては、
ボディスキャンの時に、
参加者の皆様からいびきが
聞こえてこなかったのが感動的でした!(笑)

貴重な学びの場を提供してくださった幸恵先生、
ご参加くださった皆さま、
本当にありがとうございました。

そして、、、
今回、ご参加いただけなかった
皆さまのご要望にお応えして、
次回の日程が決まりました。

次回は
11月4日(月・祝)午後
開催予定です。

詳細が決まりましたら、改めてご連絡いたします。

ご興味がある方は、
スケジュール帳に丸印を付けておいてください!

***
ライター:サティガーデン代表 金田絵美

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2019.08.2

    伝達力講座

最近のコメント

    Facebook

    PAGE TOP